転職理由

annain

転職理由から、会社側は何を判断するのか?

転職時の面接で必ずと言っていいほど聞かれるのが、転職の理由です。
採用担当者は、なぜ前の会社を辞めたのか、その理由を知りたがります。
というのも、会社を辞めている経歴があるため、自社で採用してもすぐに退社される可能性があるからです。
会社を辞めた理由が正当で納得できるものなら、問題はありません。

しかし転職理由から、ストレスに弱い人、自分の都合ばかりを主張する人だと判断されると、採用は難しくなります。
転職先で長く働きたいこと、精一杯努力してその会社に貢献したいことを伝えることが大切です。

では、転職理由には何を書けばいいのか?

転職理由は必ず、前向きな理由を書きましょう。
しかし、会社を辞めた理由はネガティブなことが多いですね。

●上司が嫌いだった。
●残業が多い。
●仕事にやりがいが感じられない。
●会社の将来性が心配。

退職理由は人それぞれでも、会社や職場環境に何らかの不満があるから転職をするはずです。

ただ、このネガティブな気持ちをそのまま面接担当官に伝えると印象は悪くなり、その時点で不採用が決定します。

ですからこれらのマイナスとなる理由を、前向きでプラスな表現に変えて伝える必要があります。

●上司が嫌い
前向きに仕事に取り組む人材が多い職場で働き、自分も成長したいと考えたからなど、上司が嫌いというネガティブな感情を反転させて、優秀な人材がいる職場というポジティブな理由に言い換えましょう。

●残業が多い
会社側から見ると、残業が多いと不服をいう人は自分の都合の良い状況を求める人と写ります。
つまり、権利は主張するが義務は果たさない人と判断される可能性があるのです。

このように判断されるのは理不尽だと感じる人も多いでしょうが、会社は営利企業です。
採用担当者はどうしても経営者目線で人材を判断しますから、残業が多いという理由はNGとされるのです。

そこで、より効率的な働き方を工夫して、短時間でも成果が出せる人間に成長したいなど、前向きに働きたいという点を強調しましょう。

また、人材紹介サイトの転職コンサルタントから、その会社が残業についてどのような考え方をしているのかを確認しておくことも大切です。
残業はするべきと考えている職場と、残業は減らすべきと考えている職場がありますから、自分の転職先がどちらに属するのかを前もって調べておき、その会社に合わせた回答を工夫しましょう。

●前の会社を入社後、すぐに辞めている。
短期間しか働かずに退社をしている人は、採用担当者の評価が厳しくなります。
このため、短期間で辞めてしまったのは、やむを得ない事情があったこと、そして、短期で辞めざるを得なかったことは自分でも不本意に感じていることをしっかりと伝えましょう。

いずれにせよ、転職理由、退職理由を尋ねられるのは、その人が仕事に真剣に取り組み、会社のために頑張ってくれる人かどうかを見極めるのが目的です。
会社が何を目的としているのかを理解したいれば、説得力のある退職理由が伝えられるはずです。