自己分析

faq

自己分析におけるポイント

一般的な就職活動において、自己分析は重要だとされていますが、転職でもそれは同じです。
ですが、年代や未経験かどうかなどによって、自己分析をする上で気をつけておきたいポイントというのは変わってきます。

たとえば、26歳くらいまでであれば、まだ社会人としての経験が少ないとみなされますので、無理に答えを出す必要はありません。
何故なら、就職して働き始めてからすぐの頃というのは、自分の持っている本来の個性などが出せている状態ではなく、無理をして頑張っている自分であることが多く、自己分析が正確ではない可能性が高いからです。
人間というのは、そうすぐに変わるものではありませんので、仕事に慣れてきたら少しずつ本来の自分の姿を取り戻していくものです。
ですから、学生時代の自己分析、社会人となった自分の自己分析の両方を比べられるのが1番です。
そして、その違いについて考えることにより、自分が環境の変化に強いかどうか、プレッシャーに強いかどうかなどが分かってくるはずです。

では、社会人としての経験を積んだ30代以上の人は、どういったことに気をつけるべきなのでしょうか。
この年代の人であれば、仕事にはもう慣れていますので、転職後にも似たような行動を取る可能性が高いと言えます。
だからこそ、社会人となったばかりの頃の自分と、今の自分との比較を行うようにします。
環境の変化に対して弱い人の場合、転職してからも似たような状況になる可能性があるので、自分がどうやって行動してきたか、どのようにして人間関係を築いてきたかなどを振り返ってみると良いでしょう。

まったくの未経験となる職種、業界に転職する場合も自己分析の方法は変わりません。
できるだけ、社会人になったばかりの頃の自分を思い出し、振り返って考えてみるようにしましょう。

自己分析のコツ

自己分析が大事なのは分かっているが、どのようにすれば良いか分からないという人も多いです。
そんな時はまず、どんな時にやる気が出てどんな時にやる気がなくなるか、自分の弱点や強みについて、将来的にどうなりたいかといったことを紙に書いてみましょう。
その上で、今度はその理由も書いていきます。
書けたら、それを自分をよく知っている周囲の人や転職コンサルタントに見せ、正しいかどうか、仕事にいかせるかどうかなど意見を聞きます。
自分の考えと差がある場合は、それについて書き出してはっきりさせ、1つ1つ考えていくようにすれば、自分についての分析が出来ているはずです。

自己分析の重要性とその理由

自己分析が重要だと言われるのは、自分の評価について冷静に考えられるかどうか、失敗に関してきちんと反省できるかどうか、自分を客観的に見られているかどうか、といったことが分かるからです。
きちんと自己分析ができている人は、何かトラブルが起こった時でも臨機応変に対応できる場合が多く、また空気を読んでチームワークを取れる人であることが多いからなのです。