看護師に人気の科は?

年代によって異なる人気の診療科

看護師免許を取得した時点では備えている知識や技能は基礎的なものだけなので、そこから各診療科で仕事をしていくことで専門分野のスキルを伸ばしていきます。

大学病院や総合病院になると一つの施設の中に数十もの診療科が備えられていたりするので、そこから自分の希望や人員の状況に応じて配属が決められます。

全体的な傾向としては20~30代くらいまでの若い看護師さんはより臨床経験を多く積むことができる診療科を好む傾向にあり、40代くらいからの中堅看護師さんになると専門分野を活かせて時間的に余裕のある診療科を選ぶようになっています。

病院側も体力があって優秀な看護師さんについてもらいたいと考えるのはより高度な診療をする場所で、手術室看護師やICU、透析科といったところが挙げられます。

他にも若いうちに基礎的なスキルを身につけておくため、内科や外科といった一般診療科で外来を受け持つということも多いようです。

40代以降はより専門性の高い分野が人気

看護師として20代から仕事をしていた人にとっては40代くらいからはキャリアを活かした仕事をしたくなる中堅の時期となります。

看護師の上位資格である専門看護師や認定看護師を取得することも一つの方法ですし、病院施設を退職し介護施設や企業内看護師のような別の分野で就職をするということもできます。

主体的に仕事をしていくことが求められる訪問看護や回復療養のような仕事もこの時期くらいから引き受けることができるようになるので、時間的な余裕を持ちつつ自分の専門分野を生かせるようにするのが看護師としての望ましいキャリアになります。