病院と施設での看護の違い

病院以外にもある看護師の働き方

看護師としての求人をいくつか探していると、その中に数多く医療関連施設以外のものが含まれていることに気が付きます。
看護師資格は現在社会的に最も需要のある資格と言ってもよいもので、数多くの施設から求人が出されているという状態が続いています。

同じ看護師資格が必要となる仕事なのだからどこに就職しても変わりがないようにも思えますが、実際には医療関連以外の施設で勤務する看護師の職務内容は大きく異なってきます。

施設での看護師の求人は医療関連の求人と求められるスキルがかなり異なってくるので、もし転職を考えているならばその違いについてはしっかり理解をしておいた方がよいでしょう。

看護師資格者に対して募集を出している施設としては、特別養護老人ホームや有料老人ホームといった高齢者向けの施設や、障害者や児童のための福祉施設、または保育園などの乳幼児の託児施設があります。

そうした施設と病院の違いとしてまず挙げられるのが医療行為にあたる仕事の頻度です。
病院や診療所に勤務する看護師の場合には注射や点滴といった医療行為は日常茶飯事ですが、介護福祉施設においてはそうしたことはまず滅多に起こりません。

バイタルチェックや慢性疾患のある高齢者や障害者へのケアといったことが日常業務となってくるので、病院勤務の看護師とは全く違ったスキルが求められてきます。

看護の現場で起こりがちなトラブル

介護福祉施設で看護師資格者が求人されているのは、そこにいる人達の健康チェックのためにどうしても資格のある人材が必要になるからです。
また寝たきりなどで定期的に医薬品の投与が必要な人などに対しその処置をするのも看護師の仕事になってきます。

看護師の仕事は基本的には医師の指示を受けそのサポート業務を行うこととなっているのですが、そうした施設においては医師は常駐していませんのでほとんどの仕事を看護師が独自に行なっていくことになります。

そこでしばしば起こるのが現場で働く介護士たちとの軋轢です。
介護の現場においてはそこにいる人の世話をするのは介護士となるのですが、医師のように何か特別な資格が必要というわけではありません。

ですので採用された看護師はそうした介護士たちの意見を求めなくとも与えられた業務をしていくことができます。
このとき介護の方法について方針の違いがあると、責任者が不在であることもありお互いの間に争いが起こってしまうことがあります。

十分に余裕があり話し合いができる施設であればよいのですが、残念ながら介護施設も医療施設同様慢性的な人材不足に悩まされていますので、過度な多忙さからお互いの衝突が起きやすくなってしまっているようです。

ただそうしたトラブルは絶対に回避できないものでもないので、施設に勤務するときには医師ではなく自分と台頭な立場にある他のスタッフといかに連携していくかということを考えてみてください。