医局の辞め方について

医師の転職をするときにネックとなる「医局」

「白い巨塔」や大きな病院を舞台にした物語でしばしば描かれるのが「医局」という組織です。
「医局」というとちょっと一般の人にはなじみのない言葉ですが、簡単に言うと一つの大学病院の中にある教授を中心にした研究グループのことです。

医局が最大に機能をするのは新しく病院に来る研修医のための教育制度で、特定の診療科ごとにまとまり研修生を受け入れてそこでの教育を行っていきます。
本来的には専門分野を持つ仲間同士でグループを作ることで、先輩の実力のある医師から技術や知識を伝承してもらえるという目的のもと置かれることになっていたものなのですが実際には院内派閥のように権力争いに使われることも珍しくありません。

現在ではやや緩和されてきた動きもありますが、かつての医局全盛期の頃は頂点である教授のもと、講師、助手、平医師といったようにピラミッド構造が作られ上位の医師には逆らえないような雰囲気ができていました。
この医局において教授の権力は絶対的なものであり、仮にミスや反対意見があっても組織ぐるみでごまかすということも物語ではなく実際によくあったようです。

大きな病院で勤務するときにはそうした医局に籍をおくということが実質的に強制となっており退職をするときには病院施設だけでなくその医局からも抜けるという意思表示をしなければいけません。

角を立てずに医局を抜けるためには

医局という存在の大きさはその病院の歴史や規模によってかなり違ってきますが、どういったものであってもそれまで所属してきた組織を抜けられるというのはその組織のリーダーにとっては面白いことではないでしょう。

しかし大きな病院の医局長を勤める人の中には、全国的に名の知れた有名医師も含まれておりそこで機嫌を損ねてしまうと他の地域での仕事が見つけにくくなってしまうということもあります。

そこで病院を退職するときにはまず医局にいかに角を立てない形で抜ける意思表示をするかということがその後の医師人生にとって大きな問題になってきます。

医局をできるだけ円満に辞めるためには「退職理由」と「退職時期」をよく考えて選ぶようにすることが大切です。
「退職理由」としては引っ越しや進学、介護の都合など反論しにくいものを選ぶようにしていきましょう。
実際の退局者の理由を聞いてみると「雑用が多い」「閉鎖的な組織に嫌気がさした」「意に沿わない習慣が多い」といったようなことが挙げられるのですがそれらは思っていてもはっきり言わない方がよいでしょう。

突っ込みどころを与えないようにすることも大事

もう一つ退職・退局時に重要となるのが辞める時期の設定です。
辞めたいと思うときにはだいたい1ヶ月前にその意思表示をするということが常識となっていますので、あとから文句を言われないように時期を見て言い出すようにしましょう。

医局によってはなんやかんやと理由をつけて退職させないように強引な引き止めをはかることもよくありますが、そうした相手の都合を聞いているといつまでもズルズルと勤め続けていくことになります。
辞めると決めたら絶対にいつまでに辞めると強い意思を示し、引き止めには乗らないよう毅然と対処をするようにします。

ましてや一度出した退職願を撤回するというのは最もよくない方法です。
一度退職の意思を示すことでその医局では出世のコースから外されてしまいますので、その後の仕事がよくなるということはまずありません。

角を立てないようにしつつも、譲れないところは譲れないというしっかりした意志をもって行動していくようにしてください。