看護師が老人ホームへ転職した場合

特別養護老人ホームなどへの看護師の転職

看護師の転職先として数多く求人が出されているのが特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの高齢者介護施設です。
全国にある高齢者向け施設ではそこに入居する高齢者のための介護を行なっていますが、その時に必ず必要になるのが健康管理です。

「老人ホーム」とされる施設の中には特別養護老人ホームや有料老人ホームの他、認知症対応型のグループホームや、軽費老人ホーム、小規模多機能ホームなど数多くの種類があります。

ここ最近増えているのが完全に介護が必要な状態というわけではない比較的健康な高齢者のために生活の場所を提供し、そこで健康管理を担当する職員たちと一緒に生活をしていくというタイプのものです。

そうした施設全般に置かれているのが看護師で、日々のバイタルチェックや高血圧、糖尿病など慢性的な疾患を持っている人のためのケアを担当していきます。

仕事は基本的に一人で行います

医療関連施設と高齢者介護施設で最も大きな違いとなるのが、医療行為がほとんどなく、少人数で仕事をしていくことになるということです。

診療を行う施設では看護師は医師の指示を受けそのとおりに医療行為をしていくことになりますが、医師が常駐していない介護施設では看護師は主体的に動いていきます。

そのため新人の看護師が採用されるということはほとんどなく、既に医療機関に数年勤務して十分に経験のある人が採用されるというケースが多くなります。