看護師が平穏に退職するには

看護師の離職あるある

看護師は医療系の仕事の中でも特に離職率が高い職種です。
理由はいろいろありますが、そうした離職率の高さそのものがますます離職を促してしまうという悪循環に陥ってしまっているという側面は無視するわけにはいきません。

そんな看護師の離職ではしばしばトラブルに発展してしまうことがあります。
よくあるのが離職を言い出した時に過剰な引き止めにあうといったことや、人手不足を理由にかなり無茶な要求をされてしまうというような場合です。

きちんと法律を知って粛々と対応をすればそれほど深刻なトラブルにはならないはずなのですが、看護師同士の人間関係や職場での上下関係のためにずるずる引きずられて立場が悪くなってしまったり、以前よりさらに働きにくい環境でしばらくそこにいなければいけなくなったりします。

離職率の高い職場というのは就業環境が悪いだけでなく人員が常に不足しているということも多いので、離職を考えている看護師同士がお互いに牽制しあってババ抜きのように誰が最後まで残るかという駆け引きをしているということもあります。

離職をするときにはきちんと根回しをしておくとともに、譲れない条件については絶対に曲げないというような毅然とした対応をしていく必要があります。

退職を言い出すまでの理想的な手順

辞めづらい職場から退職をするとき徹底的に戦って無理やり辞めるということもできますが、できることなら余計な争いをすることなく円満に辞められるようにしたいところです。

退職をするときにはいきなり退職願を叩きつけるのではなく、上司に進退伺のような形で打診をしてみるようにしましょう。
このときできることなら時期的に新卒の募集時期より余裕のある時期に合わせた方が話し合いは進めやすくなります。

この募集しやすい時期に合わせて辞めるというのはとても重要で、過剰な引き止めを受けにくくなるとともに引き継ぎを短期間で終わらせて早々に退職ができるようになります。
看護師職の引き止めの多くは「人が足りなくなってしまうからせめて他の人が来る数ヶ月だけいてほしい」という理由でなされます。

ですので新卒の時期など人が集めやすい時に退職を願い出れば、その分多くの人員を募集することもできますし退職のための手続きが進めやすくなります。
もちろん新しく入ってきたらできるだけ丁寧に引き継ぎをし、キレイな形で辞められるようにしていきましょう。