転職先を知る為の効果的な質問

転職先の病院はどういったところか知りたい時には

医療系の資格者の転職は現在ではたくさんの転職ツールやサービスが登場してきており、自分自身だけで集めるのとは比べ物にならないくらいに大量の求人情報を集めることができます。
現職に何らかの不満があり、別の施設で勤務をしたいという時にはできるだけ新たな就職先が自分の希望にあったものであって欲しいところですが、そのための情報までを集められるかというとそれは微妙です。

というのも求人情報や公式サイトなどに掲載されている就業状況が確実にそのままであるということはあまりなく、そこに行ってみて初めてわかるということもよくあるからです。

ですのでより自分にあった転職をしていくためには、情報の集め方をマスターするだけでなくその就業先についての情報をより細かく引き出すための方法を考えていく必要があります。

新しい職場についての情報を集めるために最も効果的なのは実際にその職場に足を運んで見るということです。
その施設に直接行ってみると、そこで働いている人たちの表情や動きを見ることができるので、スタッフが全体的にやる気を持って仕事をしているかということをうかがい知ることができます。

よい病院施設というのは医師や看護師などだけでなく、清掃員や医療事務の人などが全体的に活気ある動きになっているものなので、もし時間的余裕があり直接足を運ぶことができるならそうした細かい部分を見てみるとよいでしょう。

遠隔地などで実際に見られない場合の対処法

しかし現在勤務中で十分に就職活動に時間をとることができないという場合には、細かく自分の目でその様子を確かめることができません。
そうしたときに便利に使うことができるのが転職サービスです。

転職サービスは一般向けの仕事を全て扱う総合サイトの他に、医師や看護師などの特定の資格を持った人材のみを対象にした専門のものもあるので、できるだけ専門的なサイトを使用するのがおすすめになります。

医療系専門の就職サービスサイトの場合、医療施設の就業環境について詳しく知っているスタッフが対応をしてくれるので細かい条件についても調べてもらうことができます。

またそうした転職サービスは仲介役として聞きづらい質問についてもあらかじめ確認をしてくれるようになっているので、直接問い合わせをするとちょっと角が立ちそうな質問も代わりに請け負ってもらえてとても便利です。

ですので給与面や終業時間について先に比較をするために知っておきたいことがあるときには直接求人先に問い合わせるのではなくそうしたサイトを利用してみるのがよいかもしれません。

面談の中で見ておきたい点

どのようなツールやルートを使用したとしても最終的には自身で採用面接にのぞむことになります。
採用面接では事前に提出した履歴書と職務経歴書の内容に従い話をしていくことになりますが、このときには就職活動をする人にとってもその就職先を判断するための重要な機会になります。

面接では人事担当者である相手が高圧的な態度をとっていないかや、途中に関わるスタッフに対してぞんざいな扱いをしていないかといったことを見ておきましょう。
また面接である程度内定がとれそうという手応えを感じたら、思い切って給与面や時間面での交渉をしてみるというのもよいといえます。

ある程度キャリアのある医師の転職の場合、最初から条件交渉をしてそれで折り合うかどうかが採用の決め手になることもあるのであまり遠慮せず譲れない部分はしっかり主張してそこから相手の反応を引き出していくのがよいでしょう。