看護師の出戻りについて

看護師の出戻りについて考える

離職率が高止まりしている看護師の職場において、ここ最近少しずつ増え始めているのが出戻りです。
出戻りとは、一度勤務をしていた看護師が退職後しばらく時間をおいて再び以前の職場に就職をしなおすということです。
女性の場合結婚や出産によって数年現場から離れるということはよくありますが、その後再び同じ職場にすぐ戻る人は多くありません。

これは看護師という仕事が拘束時間が長く人間関係で揉め事が起こりやすいということが主な原因ですが、実際のところ他の病院や診療所に転職をすれば解決ができるかというとそういうわけではなかったりします。

看護師以外の業種でも、一回辞めた人の出戻りを推奨する企業が出てきており、あえて一回外に出ることによって元の職場の良さを再確認することができるというところにメリットがあります。

出戻りの方がその後の定着率が高い

出戻りを推奨する理由として大きいのが、再就職後の定着率が高いということがあります。
看護師の仕事は他に数多くの求人が出されているので「いつでも辞められる」という気持がどうしても起こってしまうものですが、その中であえてもとの職場への復帰を望むということはその職場を客観的によいものと判断することができたからと言えます。

最初の就職では不満から辞めてしまったけれども、改めて外から見てみたらよいところもあったということになればその後長く勤務をしてくれるということが期待できます。

また採用する側にとってもある程度その人材のスキルや人となりがわかっていますので、全く新しい人を採用するよりもリスクは低くなります。
仮に出戻りをしたいと思っていても、恥ずかしさから遠慮してしまうということがあるかもしれません。

ですが思い切って出戻りを希望してみることでよりよい環境で勤務をすることができることもありますので、ぜひ積極的に行動をしてみてもらいたいです。