長く勤務できる所へ

ef384ec7adf00c35693b8b1af6db2dfd_s

医局からフリーへ

43歳の外科医です。
医局を出てから非常勤として、複数の病院で勤務してきました。
しかしこれからのことを考えると、非常勤としてフリーで働くより、一つの病院で長く勤務する方が安定した暮らしができると考え、非常勤医から常勤医への転職を希望するようになったのです。

以前は2つの病院の掛け持ちで年収1,800万円。
転職後は年収1,700万円で、常勤医として働いています。

実は私が非常勤として働くようになったのは、自力で行った転職に失敗したからです。
38歳のときに医局から転職をしたのですが、実際に働いてみると、事前の採用条件とあまりにもかけ離れた内容だったのです。
インターネットで医師の求人広告を検索し、急募!年収2,000万円以上という高収入の病院があったので応募しました。
面接でのやり取りも良好で、無事に入職が決定したのです。
しかし、いざ働いてみると、君は技術不足だから年収2,000万円を払うのは無理だと院長に言い渡され、年収1,400万円での勤務になったのです。
半ば詐欺のような話に憤りを感じ、職場の人に相談をしたところ、病院が人手不足のため、高収入の求人広告を出して人を集めているのだということでした。

病院のやり口に腹が立って、その会社を退職。
それ以後はフリーで病院を掛け持ちする、非常勤医として働いてきました。

フリーから常勤医へ

しかし、今後のことを考えると安定した職場で腰を据えて医療に従事したくなり、常勤医の転職先を探すことにしたのです。
以前の失敗がありますから、今度は転職紹介サイトに登録し、キャリアコンサルタントにサポートしてもらいながら転職をすることにしました。
キャリアコンサルタントからの紹介なら、安心できると判断したからです。

キャリアコンサルタントから条件に見合いそうな病院を複数紹介してもらい、その中から自分の希望する医療ができそうな病院を選んで面接のセッティングをお願いしました。
実は複数の転職紹介サイトに登録しており、何度から面接を重ねて、その中からベストと思われる病院に転職をすることに決めました。

非常勤医の頃より年収はやや落ちますが、福利厚生や安定感を考えると不満はありません。
複数の職場から厳選した病院に転職できたので、職場環境も職場での人間関係も想像以上に良好です。

これから定年退職までここの医師として長く働いていきたいと思える職場に転職できて、本当に良かったと感じています。

複数の転職紹介サイトに登録すると、対応が面倒なのでは? と感じる人もいるようですが、私は複数の転職紹介サイトに登録したことが、今回の転職の成功のカギとなったと思います。

転職サイトによって紹介してもらえる病院の傾向が異なることもわかりましたし、キャリアコンサルタントの対応の良しあしも比較できました。
転職で悔いを残したくないなら、複数の転職紹介サイトに登録して比較検討しながら転職活動を進めることをおすすめします。