医者の転職

a0001_014067

医師は転職の多い職業

医師は国家資格のなかでも人気が高い、あこがれの職業です。
しかし医師が働く環境は、私たちが想像する以上に厳しいもので、転職の多い職種となっています。

医師専用転職紹介サイトに勤務するキャリアコンサルタントによると、医師が引退するまでに転職する回数は平均で3回~4回。さらにアルバイトを含めると、かなりの数の職場を経験していると報告されています。
お医者さんは同じ病院でずっと働き続けるというイメージが強いのですが、転職を重ねてキャリアを積むのが一般的な医師の働き方です。

医局からの転職で悩む人が多数

特に転職を考える人が多いのが、大学の医局に務める医師です。
医師は国家資格に合格すれば、それで勉強は終わりというわけではありません。
新米の医師は研修医として働きながら、医療現場で必要となる技術や知識を学ぶことが義務付けられており、ほとんどの新人医師が卒業した大学内の医局と呼ばれる組織に残って研修を受けながら働いています。

医師の多くが大学の医局勤務をしていますが、医局では教授、准教授、看護師長など立場によるヒエラルキーが形成されており、組織の最下層に位置するの研修医や、肩書きを持たない平の医師は業務面、精神面、金銭面など全ての面において大きな負担がかかっています。

このため、医局を辞めたいと考える医師が多いのです。
転職理由で目立つのが過酷な勤務状況、安月給、人間関係のもつれなどです。
医局は教授が絶対的な権力を持ちます。
教授の言うことに逆らえず、ハードな勤務を課せられる病院に配属されるなど、休むヒマもなく働かされるケースも多いのです。
また、給料が安いので収入を確保するためにアルバイトをする医師も多く、医局とアルバイトの掛け持ちでは、身体的な負担がさらに大きくなります。

医局内のポストを巡る権力闘争や選挙の票集め、自分の思うとおりにならない医師への嫌がらせといった医局特有の人間関係になじめず、医局を去っていく人も少なくありません。

しかし、医局から他の病院に転職できた医師は幸いです。
というのも、慢性的な医師不足や教授の対面を潰すなどの理由で、医局を辞めたくても教授が許してくれず、なかなか辞められない人が多いからです。
そこで医師が転職をする際に活用しているのが、医師の転職紹介サービスです。
専属のキャリアコンサルタントがマンツーマンで医師の転職をサポートするので、医局からの退職がスムーズに進みやすく、待遇が良い職場への転職が期待できます。

少子高齢化が進み、高齢者医療の需要が増大しています。
これに伴って医師の活躍の場も、医療分野から介護分野にまで広がってきました。
今後は介護と医療を結ぶ地域包括ケアシステムによって、医師が働くフィールドも変化すると考えられます。
このため、今まで以上に希望の勤務条件にマッチする職場が選びやすくなると期待されます。