医療業界の現状

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-OZP73_komattasensei20140321-thumb-1000xauto-17046

医療業界の現状について

現在の医療業界は、色々な問題を抱えています。
まず医療制度自体が、破たんするかもしれないという事態に陥っています。
医療保障の資金となっているのは、国民が支払っている健康保険料ですが、景気が低迷し続けていること、少子高齢化が進んでいることによって、その健康保険料が思うように集まっていません。
そのため、破たんするかもしれないという危機を迎えているのです。
そして、少子高齢化が加速し続け日本国民の人口が減っている中にあって、高齢者の医療保障や社会保障をどのようにして担っていくのか、ということも重大な問題となっています。
このような問題を解決するため、健康を促進したり、医療保障費を抑制したり、無駄を省いたり、というようなことを目的として医療制度の改革が始まっています。

その他の医療業界の問題について

医療制度が破たんする危機だけが医療業界の問題ではありません。
それ以外にも、問題は多く存在しています。
たとえば、病院の経営が苦しくなってきているところが増えているというのも、その1つと言えるでしょう。
患者や医師の病院離れが進んでおり、赤字になってしまっている病院が増えているのです。
赤字の原因には、患者の自己負担金を回収することができないということもあります。
景気の低迷により、生活が困窮していて払えないというものだけでなく、悪質な滞納も増えています。
特に、入院患者での未払いが多く、病院経営にとっては苦しくなる理由の1つであった、診療報酬の引き下げの上に、このような事態が起こったため、病院経営の赤字化が進んでしまったのです。
そして、政府の対策も今のところは、それほど効果が出ていると言い難いのが現状です。

これ以外にも、介護の分野ではずっと人手不足が深刻なままであり、これから団塊の世代が介護を必要とする年齢層になった時、今まで以上に深刻化するという試算もあります。
こちらも、なかなか有効な対策が取れていません。

医療制度改革について

医療制度の改革が始まっていますが、どのようなことをしているのでしょうか。
この改革案の1つとして、診療所と病院の連携強化をするというものがあります。
これは非常に重要で、地域の医療を変革させる一翼を担うとも言われています。

また、最近では高い効果の薬剤が開発され、治療実績は向上しているのですが、これによって医療費に対して薬剤費の負担が大きくなってしまい、問題となっていたため医薬分業が進められました。

いずれにしても、医療業界は今、様々な問題が起こり、また表面化してきたために改革を迫られています。
これにしっかりと対応するため、医療業界にいる人は理解を深めるべきことが多くなっています。